author avatar
  サポートマネージャー  

概要

Windowsが起動立ち上がらないのは、よくあるPC問題でしょう。再インストールする、または修理に出す人も多いと思います。次に、自分でも簡単にWindows 7が起動しない問題を解決できるような、Windows 7起動できない原因と対応策を説明します



Windows7起動しない

Windows 7PCが起動しない原因

1、接続問題

コンピュータがブートできない場合は、電源コードまたは電源ケーブルに異常がある可能性があります。例えば、配線が外れている、緩んでいる、断線しているなどの状況が発生した。

解決策1:起動ボタン・接続・電源を確認するを参照してください。

電源コードまたは電源ケーブル

2、ハードウェア問題

ハードウェア問題により、Windows 7を起動できなくなる状況はよくあります。例えマザーボード、RAM、グラフィックスカードなどの接触不良・ハードウェア損傷なども原因になります。

解決策2:ディスプレイ・マザーボード・グラフィックスカード・RAMを確認するを参照してください。

グラフィックスカード

3、周辺機器

コンピュータがUSBメモリなどの外部デバイスを接続している場合、周辺機器の故障もWindows7が起動できなくなる原因になります。

解決策3:外部デバイスを取り外すを参照してください。

周辺機器

4、MBR / DBR損傷

OSを実行するときは、MBRによってブートパーティションが検索され、そのパーティション内のPBR(ブートストラップローダ)によってOSがロード・実行する仕組みになっています。MBR、またPBRが破損した場合、パソコンが起動できない状況もよくあります。

解决策4:Renee PassNow でMBR / DBRを修復するを参照してください。

MBRディスク

Windows7が起動できない時の対応策

解決策1:起動ボタン・接続・電源を確認する

1、電源指示ランプが点灯しているかを確認してください。起動ボタンが壊れられた場合、修理を依頼してください。

他のホストハードウェア障害
2、コンピューターケースやモニタなどのケーブルが正常に接続されているかを確認してください。必要あれば、プラグを抜いてから再接続することをお勧めします。
コンピューターケースやモニタなどの接続をチェックする
3、正常に接続されたことを確認した後、電源装置に障害がないかを確認してください。交換した後パソコンが正常に起動したら、電源故障だということが分かります。
電源ユニット故障
以上が全部問題なく、Windows 7はまだ起動できない場合、解決策2を参照してください。

解決策2:ディスプレイ・マザーボード・グラフィックスカード・RAMを確認する

1、ケースの裏配線が良好であるか、およびハードウェアが緩んでいるか損傷していないかを確認します。

RAMやグラフィックスカードなどのハードウェアを順番に取り外し、メモリ金属端子部分をきれいにしてまた付けます。

メモリやグラフィックカードなどを交換してチェックすることもすすめです。

ケースの裏配線
消しゴムでメモリ金属端子部分をきれいにする
2、上記のハードウェア問題ではないことが確認されたら、マザーボードの差し込み口が酸化されていないか、ほこりなどの異物があるかを再度確認してください。

そして、マザーボードとボタンの間の接続が正常であることも確認してください。マザーボードに問題がある場合は、修理または交換する必要があります。

マザーボード
PC分解に詳しくない場合、修理屋に処理を頼んでください。
上記の方法で解決できない場合は、解決策3を参照してください。

解決策3:外部デバイスを取り外す

1、コンピューターの電源をオフにした後、PCに接続されている外部デバイス(ディスク・USBメモリ / CD・プリンターなど)を取り外します。

外部デバイスを取り外す

2、外部デバイスを取り外した後、コンピュータを再起動して、Windowsが正常に起動できるかということを確認します。
起動できない場合は、解決方法4を参照してください。

解決策4:Renee PassNow でMBR / DBRを修復する

Renee PassNow - 安全・初心者向けのシステムレスキューソフトシステムレスキューソフトRenee PassNow

多機能 パスワードリセット、データ移行、データ復旧、管理者アカウント作成、データ抹消など複数の実用的な機能が搭載。

汎用性高いノートPC、デスクトップ、Surface対応。NEC,Dell,富士通,東芝,Lenovo,SONY,ASUS,Acer,IBM, パナソニック対応

動作環境 Windows 10, 8.1, 8, 7, Vista and XP (32bit/64bit) で実行可能。

操作簡単 日本語インタフェースがあり、分かりやすく、サポートも提供。

無料体験可能 無料体験版で問題解決できるか確認可能。

多機能 パスワード削除、データ移行、管理者作成、データ抹消。

汎用性高い ノートパソコンもデスクトップも対応。

無料体験可能 無料体験版で問題解決できるか確認可能。

無料体験無料体験 800名のユーザー様に無料体験をしていただきました!

Tips:ソフトをインストール後、インターフェースからISOファイルをダウンロードする必要があります。

1.別のコンピューターにソフトウェアをダウンロードしてインストールします。ソフトを実行し、ISOファイルのタイプを選択します。新しい機種は、×64を選択し、古い機種は×86を選択し、「ダウンロード」ボタンをクリックし、ISOファイルをダウンロードします。

ISOファイルダウンロード

2.USB / CDを挿入して、「USBを作成」または「CDを作成」を選択し、作成が完了するまで待ちます。 次に、データ転送したいのコンピューターにUSB / CDを接続します。

起動ディスク作成

3.作成したレスキューUSB / CDをターゲットコンピュータに接続します。

挿入したUSBメモリー

4.コンピュータを起動し、ショートカットキーでBIOS設定に入り、起動ディスクを起動順番の一番に設定し、設定を保存してPCを再起動します。

BIOS画面に入る方法

起動ディスクを起動順番の一番に設定します。

5.起動ディスクから起動したら、言語を選択し、インターフェースで「Windows回復」ボタンを選択し、「実行」をクリックします。

Renee PassNowのwindows回復機能

6. 「MBRにCHSパラメータを修正しました」を選択し、ハードドライブを選択して “Fix MBR”をクリックします。MBR修復が成功したら、コンピュータを再起動します。

MBR修復機能

Fix MBR

解決策5:「スタートアップ修復」を実行する

1、コンピュータを再起動し、起動時にF8キーを押したまま、「詳細ブートオプション」に入り、「コンピュータの修復」選択します。

ーフモードの詳細ボートオプションにコンピューターの修復を選択する

2、「システム回復オプション」を開き、「スタートアップ修復」をクリックしてコンピュータをスキャンします。

セーフモードでシステム回復オプションのスタートアップ修理を選択する

3、スタートアップ問題が見つかった場合、スタートアップ修復はそれらを自動的に修正します。

この処理の最中にコンピューターは何回か再起動することがあります。修復が完了したら、コンピュータを再起動して正常に戻るかどうかを確認します。

スタートアップ問題が見つかった場合、スタートアップ修復はそれらを自動的に修正します
修復失敗の場合は、システムファイル紛失した可能性があります。
この場合は、解決策6を参考してください。またはシステムを再インストールする必要があります。

解決策6:「前回正常起動時の構成」を実行する

1、コンピュータを再起動し、起動時にF8キーを押したまま、「詳細ブートオプション」に入り、「前回正常起動時の構成」を選択します。

(Windows 7システムには、毎回終了に前回の正常起動設定を保存します)

セーフモードの詳細ボートオプションに「前回正常起動時の構成」を選択
「前回正常起動時の構成」を選択した後、前回正常起動時以降に作成したデータや設定などは全部なくなるため、「前回正常起動時の構成」を実行する前に、重要なファイルを転送することをおすすめします。
以上の方法で起動問題がまだ解決できなければ、Windowsシステムを再インストール必要があります。

再インストールする前に、必ず先に重要ファイルをバックアップしておいてください。ここにRenee PassNowソフトの「Data Transfer(データ転送)」という功能をお勧めします。重要なファイルを転送でき、再インストールによるデータ損失を防止することもできます。

Renee PassNowで重要なデータを移行する

前準備:

  1. Renee PassNow(今すぐダウンロード!
  2. 正常に稼働できるWindows OSのパソコン(Renee PassNowをインストール用)
  3. 書込可能なUSBメモリ/DVD/CD(容量200MB以上)
Renee PassNow - PC起動しない時のデータ救出データ移行

操作簡単 簡単な操作で任意ファイルを救出。

データ移行 Windowsが起動しなくても簡単にデータ移行。

データプレビュー データ救出する前に、ファイルプレビュー可能。

多機能 Windows起動せずに、パスワード削除、データ移行、管理者アカウント作成、データ抹可能。

互換性 Windows 10/8.1/8/7/Vista/XP対応。

操作簡単 初心者も自力でデータ救出可能。

多機能 パスワード削除、データ移行、管理者作成可能。

データプレビュー 救出する前に、ファイルプレビュー可能。

無料体験無料体験 88625名のユーザー様に体験をしていただきました!

Tips:ソフトをインストール後、インターフェースからISOファイルをダウンロードする必要があります。

操作手順:

1.別のコンピューターにソフトウェアをダウンロードしてインストールします。ソフトを実行し、ISOファイルのタイプを選択します。新しい機種は、×64を選択し、古い機種は×86を選択し、「ダウンロード」ボタンをクリックし、ISOファイルをダウンロードします。

ISOファイルダウンロード

2.USB / CDを挿入して、「USBを作成」または「CDを作成」を選択し、作成が完了するまで待ちます。 次に、データ転送したいのコンピューターにUSB / CDを接続します。

USBメモリ/DVD/CDを挿入します

起動ディスク作成

3.起動ディスクをPCに挿入します。

起動ディスクを挿入します

4.電源を入れたらすぐに「F2」キーを押し、BIOS画面に入ります。

※パソコンメーカーによって押すボタンが異なります。取扱書を参照してください。もしくは、こちらを参照してください。(BIOS画面に入る方法F2キーを押、BIOS画面を呼び出す

5.BIOS画面に入り、「Boot」または「起動デバイス」のタブで、「CD-ROM Dirve」/「USB」/「Removable Device」のような項目があります。起動ディスクを一番上に設定してください。

CD/DVDから起動する場合、「CD-ROM Dirve」項目を一番目にします。 USBメモリから起動する場合、「USB」/「Removable Device」のような項目を一番目にします。起動ディスクを起動順番の一番に設定します。

※UEFI等の記述があったら、それはUEFI環境です。UEFI環境は従来のBIOS環境と少し異なるため、起動順番の設定方法も違います。

UEFI環境PCで起動ディスク(USB/CD/DVD)から起動する方法

6.起動順番を設定したら、設定を保存し、終了します。

設定を保存し、終了します。

7.WinPE起動ディスクからPCを起動させ、「Data Transfer」機能を選択し、「実行」ボタンをクリックします。

データ移行機能(Renee Data Transfer)

8.データ移行機能の画面が表示され、データ移行を行います。

  1. データ保存元を選択します。
  2. データ移行先を選択します。
  3. 移行したいデータを選択し、クリックしたまま移行先へ移動します。

PC起動しないデータ移行手順

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...