author avatar
  プロダクトマネージャー  

概要

iPhoneをリカバリモードで初期化すると、iPhoneの不明なエラーやデバイスの操作を続行できないなどの問題を解決できます。iPhoneをリカバリモードで初期化するiPhoneデバイスを初期化するにはどうしたらいいでしょうか?初期化の前に注意することはありますか? この記事はいくつ簡単な方法を詳しく紹介します。



一、iPhoneのリカバリモードとは?

iPhoneリカバリーモードとは、iPhoneデバイスが強制的な初期化を必要とするモードに入ることです。 つまり、iPhoneデバイスを使用している場合、デバイスが正常に起動しないか、他の操作を実行できず、デバイスを初期化したいが操作できない場合、唯一の方法はリカバリーモードの初期化によって解決することです。

iPhoneリカバリーモード初期化

二、iPhoneをリカバリモードで初期化する前の準備

1.iPhoneのデータを定期的にバックアップ

iPhoneデバイスがいつ故障するかを予測することはできず、iPhoneを初期化することでデバイスの故障が解決できるが、データが失ってしまいます。不必要な損失を防ぐためにデバイスのデータを定期的にバックアップしてください。

バックアップデータには2つの方法があり、1つはiCloudバックアップを使用し、もう1つはiTunesバックアップを使用します。具体的な手順は次のとおりです。

①iCloudでバックアップする

WiFiネットワーク環境で、iPhoneデバイスを開き、「設定」>「ユーザ名」の順に選択し、「iCloud」-「iCloud バックアップ」-「今すぐバックアップを作成」をタップします。

iCloudでバックアップ

② iTunesでバックアップする

iTunesバックアップを使用するには、デバイスをコンピューターに接続する必要があります。具体的な手順は次のとおりです。

  1. iTunesの最新バージョンをインストールした後、ケーブルでiPhoneをコンピューターに接続し、PC側でiTunesを開きます。
  2. コンピュータ上でデバイスを選択します。暗号化する場合、「一般」タブで、「バックアップ」セクションの「ローカルのバックアップを暗号化」を選択します。暗号化しない場合、「今すぐバックアップ」をクリックしてください。

iPadバックアップ

2.iTunesの自動同期機能をオフにする

通常、iTunesをよく使用するユーザーは「自動同期機能」をオンにします。この機能をオンにすると、iPhoneデバイスがコンピューターに接続されている限り、デバイスデータがPCに自動的に同期され、新しいバックアップが作成されるためです。 ただし、iTunesリカバリモードを使用して自動同期を実行すると、バックアップファイルが破損する可能性があります。 iTunesの自動同期がオンになると、iOSデバイス上のiTunesライブラリとアプリケーションデータの整合性が自動的に検出されるため、デバイスにエラーがある場合、自動同期は失敗し、ファイルが破損します。 したがって、初期化の前にこの機能をオフにすることをお勧めします。具体的な手順は次のとおりです。

iTunesを起動し、「編集」>「設定」>表示された画面の「デバイス」>「iPod、iPhone、および iPad を自動的に同期しない」にチェックを入れて「OK」ボタンをクリックします。

iPod、iPhone、および iPad を自動的に同期しない

三、リカバリーモードでiPhoneデバイスを初期化する方法

1.iTunesなしでiPhoneをリカバリモードから初期化する方法

iPhoneデバイスに初期化以外の方法では解決できない問題がある場合は、Renee iPassFixというiOS修復ソフトを優先的に使用できます。 この方法はiTunesをバイパスできるため、操作は非常に簡単で効果的です。

Renee iPassFixは、多機能のiOSシステム修復ソフトウェアであり、一方で、リンゴループ、繰り返し起動、デバイスの異常、黒い画面など、さまざまな種類のiOSシステムの問題を簡単に解決できます。iPhone / iPad / iPod TouchなどのさまざまなAppleデバイスに適しています。一方で、iOSデバイスのロックを解除するのにも役立ちます。

Renee iPassFix - iPhoneパスワード解除ソフトiPhoneパスワード解除ソフト

パスワード解除起動できなくても簡単にパスワード削除可能。

iOS問題修復iPhone起動できない、画面真っ暗、リンゴループなど問題を修復。

初期化起動できなくても工場出荷時の設定に戻します。

対応機種全てのiPhone、iPad、iPod touch対応。

互換性良い全てのiOSを対応。

操作簡単 初心者も自力でパスワード解除可能。

iOS問題修復リンゴループなど問題を修復可能。

対応機種全てのiPhone、iPad、iPod touch対応...

無料体験無料体験無料体験 36143名のユーザー様に無料体験をしていただきました!
① Renee iPassFixをインストールし、開きます。

② iPhone / iPadデバイスをコンピューターにデータケーブルで接続し、ソフトウェアのメインインターフェースで「修復」機能を選択します。

ipassfixメインメニュー

③「修正」ボタンをクリックしてIPSWファームウェアを自動的にダウンロードするか、IPSWファームウェアを手動でダウンロードしてインポートすることを選択します。

修復ボタンをクリックする

④ iOSファームウェアのインストールが完了したら、コンピューターからiPhone / iPadを取り外します。

修復完了

2.iTunesを利用してiPhoneをリカバリモードから初期化する方法

初期化する前に、まずリカバリモードに入ってください。デバイスがコンピューターに接続します。

①iTunesを最新バージョンに更新してください。

②以下の異なるモデルの異なる操作手順に従って、デバイスの「リカバリモード」をオンにします。

  • iPhone 8以降:デバイスの「音量を上げる」ボタンと「音量を下げる」ボタンを1回すばやく押し、シャットダウンスライダーが表示されるまで電源ボタンを放さずに押し続けます。 デバイスはオフです。「音量を下げる」ボタンをもう一度押したままにし、リカバリモード画面が表示されるまでデバイスをコンピューターに接続します。
  • iPhone 7、iPhone 7 Plus:シャットダウンスライダーが表示されるまで電源ボタンを押し続け、このスライダーをドラッグしてデバイスをシャットダウンします。 「音量を下げる」ボタンを押しながら、デバイスをコンピューターに接続します。 リカバリモード画面が表示されるまで、「音量を下げる」ボタンを押し続けます。
  • iPhone 6s以前:シャットダウンスライダーが表示されるまで電源ボタンを押し続けます。 このスライダーをドラッグして、デバイスをシャットダウンします。ホームボタンを押しながら、デバイスをコンピューターに接続します。リカバリモード画面が表示されるまでホームボタンを押し続けます。

リカバリーモード

③iTunesでiPhoneデバイスを選択します。「復元」ボタンまたは「アップデート」ボタンオプションが表示されたら、「復元」ボタンを選択します。

④次にリカバリモードが完了するのを待ち、iPhoneデバイスを初期化できます。

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...