author avatar
  サポートマネージャー  

概要

SSDで保存するデータの量の増加により、稼働がどんどん遅くなります。SSDが容量不足になった場合、どうしますか?この記事はSSD容量不足の解消方法4つを説明します。



一、SSD容量不足の根本的な原因:容量が小さいが、ニーズが高い

SSDで保存するデータの量の増加により、稼働がどんどん遅くなります。もし中のあるパーティションは長期的に使用率90%以上の状態だったら、SSDが崩壊する可能性が大きいです。ですから、SSDの中の無駄なデータをよく削除し、合理的な仮装メモリーを設定し、十分な容量を残す必要があります。

容量が256 GB以上のSSDを推薦します。128 GBのSSDはシステム保存用としても容量がきついです。(普通Windows10システム+Office+システムのキャッシュだけでSSDの90GBかそれ以上の容量を占用します)。それに、もし容量の使用率は90%以上あったら、SSDの書込能力も落ちます。

おすすめ - ADsRenee Becca - 安全高速にSSDクローン・システム移行 クローンや引っ越しにも対応、多機能なバックアップ・復元ツールRenee-Becca

自動4Kアライメント システムをSSDに移行すると、4Kアライメントが自動的に実行され、SSDの性能を引き出す。

GPTとMBR対応 システムを移行する時、自動的にSSDに適切なパーティション方式にする。

NTFSとFAT32対応 さまざまなファイルシステム対応。

速度が速い 先進的なアルゴリズムを利用し、最大3000MB /分の速度を達する。

多機能 システム移行、バックアップ、HDDクローン、クリーンアップ等の機能ある。

自動4Kアライメント 4KアライメントでSSDの性能を引き出...

NTFSとFAT32対応 さまざまなファイルシステム対応。

GPTとMBR対応 自動的にSSDに適切なパーティション方式...

無料体験無料体験 800名のユーザー様に体験をしていただきました!

二、SSD容量不足になったときの解消方法

ここまで読むと、一部の方は「すでに小さい容量のSSDを購入し、しばらく買い替える予定もないが、容量不足を注意されたらどうすればいいですか」との質問があるかもしれません。

1、ホームグループをオフにする

ホームグループをオンにしたら、システムは自動的にハードディスクを利用してデータをコピーして共有します。これで、SSDの使用率は90%以上になり、スピードが遅くなります。

操作方法

ショートカットキー“Win”+“R”を押して、“services.msc”を入力、“OK”をクリックします。インタフェースから“HomeGroup Provider”を見つけ、右クリックして“プロパティ”をクリックし、“停止”をクリックしたら設定完了です。

2、仮想メモリをオフにする

物理的に容量不足のことを避けるため、仮想メモリーは一部のアプリのデータをハードディスクに移行して保存しています。しかし、もし物理的な容量が十分の場合、仮想メモリーをオンにすることで、逆にSSDの使用率が高くなります。

操作方法

ショートカットキー“Win”+“R”キーを押して、“control”を入力し、 “OK”をクリックします。コントロールパネルに入り、 “システム”を選定し、左側の“システムの詳細設定”をクリックします。

インタフェースに入り、順番的に“詳細設定”、 “パフォーマンス”の“設定”をクリックし、“詳細設定”中の“仮想メモリ”をクリックし、“変更”をクリックし、“すべてのドライブのページングファイルのサイズを自動的に管理”のチェックマークを消した完了です。

Tips物理容量2 GB或いはそれ以下のユーザーへこの方法を推薦しません。

3、Windows Defenderをオフにする

Windows Defenderをオンにしたら、システムを全般走査するから、SSDの使用率も高くなります。また、もしアンチウイルスソフトソフトをインストールしているなら、Windows Defenderをオフにしたら、SSDの使用率大きく下げられます。

操作方法

管理者ユーザーでログインし、ショートカットキー “Win”+“R”を押し、“Windows Defender”を入力し、“OK”をクリックします。

インタフェースに入り、順番的に“ウィルスと脅威の防止”を開け、“リアルタイム保護”、“クラウドベースの保護及び“サンプルの自動送信”三つの項目を閉めたらいいです。

4、SSDクローン・換装

上記のホームグループ、仮想メモリーとWindows Defenderをオフにする方法は根本的な解決策ではありません。それは中のデータはまた生成するからです。ですから、容量の大きいSSDを買い替え、既存のデータをSSDにクローンするのが一番効果的な方法です。

Renee Beccaはプロフェッショナルで信頼できるクローンソフトで、ユーザーにバックアップ、復元、クローン機能を提供するだけでなく、ハードディスク、パーティションとファイルのバックアップと復元、HDD/SSDクローン作成とシステム移行もサポートします。 その操作インターフェースはシンプルで明確で、使用方法はシンプルで一目瞭然、ほとんどのユーザーに適しています。

Renee Becca - クローンや引っ越しにも対応、多機能なバックアップ・復元ツールクローンや引っ越しにも対応、多機能なバックアップ・復元ツールRenee-Becca

自動4Kアライメント システムをSSDに移行すると、4Kアライメントが自動的に実行され、SSDのパフォーマンスを向上させる。

GPTとMBR対応 システムを移行する時、自動的にSSDに適切なパーティション方式にする。

NTFSとFAT32対応 さまざまなファイルシステム対応。

速度が速い 先進的なアルゴリズムを利用し、最大3000MB /分の速度を達する。

多機能 システム移行、バックアップ、HDDクローン、クリーンアップ等の機能ある。

自動4Kアライメント SSDのパフォーマンスを向上させる。

GPTとMBR対応 自動的にSSDに適切なパーティション方式...

NTFSとFAT32対応 さまざまなファイルシステム対応。

無料体験無料体験 26800名のユーザー様に無料体験をしていただきました!
1、Renee Beccaをダウンロード、インストールします。ソフトを開き、ディスクのクローンをクリックします。
ディスクのクローンを選択します。
2、クローン先とクローン元を選択し、「クローン」をクリックします。
ディスククローン
3、クローン完了後、SSDを換装します。

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...