author avatar
  サポートマネージャー  

概要

iPhoneが自動的に最新のiOSに更新され、電力消費増加やのフリーズなどの問題が発生した場合、どうすればよいですか? iPhoneのiOSのダウングレードを検討できます。この記事は iPhoneのiOSのダウングレード方法を紹介します。



iOSダウングレード

一、iPhoneのiOSシステムをダウングレードする理由

Apple社は、システムを頻繁に更新し、iPhoneを最新のシステムバージョンに更新することを推奨します。1つは、古いシステムバージョンのバグを修正し、いくつかの新機能を開発することです。 古いシステムバージョンがリリースされる時間が長いほど、ハッカーが脆弱性を見つける可能性が高くなります。 ただし、古いモデルの多くのユーザーは、最新のシステムに更新したときに多くの問題に気づいた(たとえば、iPhoneの消費電力が増え、システムがフリーズする)。これはなぜですか?

これは、Appleの最新のシステムバージョンが新しいモデルに最適化されていることが多いためです。古いモデルを最新のシステムにアップグレードすると、ハードウェア構成によって制限され、iPhoneのパフォーマンスを改善できない場合がありますが、さまざまな問題が発生し、iPhoneの寿命が削減されます。

古いiPhoneをさらに数年間手元に置いておきたい場合は、iOSシステムを適切なバージョンにダウングレードし、自動更新システムをオフにすることをお勧めします。

自動アップデートをオフにするには?「設定」-> 「全般」-> 「ソフトウェアアップデート」を選択し、[自動アップデート」をオフにします。

iOS自動アップデート

二、iPhoneのiOSシステムのダウングレード前の準備

iPhoneは生活でよく使用されるツールであり、写真、ビデオ、連絡先、テキストメッセージ、アプリ、通話履歴など、あらゆる種類の情報も保存します。 バックアップなしでiOSシステムをダウングレードすると、データが失われる可能性があります。 バックアップには、iCloud、iTunes、およびその他のツールを使用することをお勧めします。

iTunesでiPhoneをバックアップする方法

① iTunesを最新バージョンにアップデートして開き、iPhone / iPadデバイスをコンピューターに接続します。

②iTunesの「概要/一般」オプションをクリックし、「バックアップ」タブの下にある「今すぐバックアップ」ボタンを見つけてクリックし、バックアップが完了するまで待ちます。 個人情報を暗号化する必要がある場合は、「ローカルのバックアップを暗号化」を選択できます。

バックアップを暗号化しバックアップする

③ダウングレード後にデータが失われた場合は、iTunesの「バックアップを復元」をクリックして、失われたデータを復元できます。

バックアップを復元

ヒント:iCloud拡張容量を購入した場合は、iCloudバックアップを使用すると便利です。写真、メモ、連絡先など、iPhoneの設定でバックアップする必要があるアイテムを選択するだけです。 データを復元する必要がある場合は、Appleアカウントにログインしてデータを同期します。

三、iPhoneのiOSシステムをダウングレードするには?

1.Renee iPassFixでiPhoneのiOSシステムをダウングレード

Renee iPassFixは、プロフェッショナルで多用途のApple修復ソフトウェアです。iOSのダウングレード、専門知識不要、完全自動化でワンクリックでのiOSシステムのダウングレードが可能です。 iOSデバイスをコンピューターに接続すると、ソフトウェアはモデルを自動的に認識し、ダウングレードできるiOSオペレーティングシステムを表示します。Renee iPassFixは、すべてのiOSデバイスモデルをサポートしています。 このソフトウェアを使用してiOSをダウングレードすると、他のオンラインチュートリアルよりも便利で高速になります。
Renee iPassFix - iPhoneパスワード解除ソフトiPhoneパスワード解除ソフト

パスワード解除起動できなくても簡単にパスワード削除可能。

iOS問題修復iPhone起動できない、画面真っ暗、リンゴループなど問題を修復。

初期化起動できなくても工場出荷時の設定に戻します。

対応機種全てのiPhone、iPad、iPod touch対応。

互換性良い全てのiOSを対応。

操作簡単 初心者も自力でパスワード解除可能。

iOS問題修復リンゴループなど問題を修復可能。

対応機種全てのiPhone、iPad、iPod touch対応...

無料体験無料体験無料体験 36143名のユーザー様に無料体験をしていただきました!
① Renee iPassFixをインストールし、開きます。

② iPhone / iPadデバイスをコンピューターにデータケーブルで接続し、ソフトウェアのメインインターフェースで「修復」機能を選択します。

ipassfixメインメニュー

③「バージョン」から、ダウングレードできるiOSバージョンを選択できます。 次に、「修正」ボタンをクリックしてIPSWファームウェアを自動的にダウンロードするか、IPSWファームウェアを手動でダウンロードしてインポートすることを選択します。

修復ボタンをクリックする

④ iOSファームウェアのインストールが完了したら、コンピューターからiPhone / iPadを取り外します。

注意:修復中は、デバイスをコンピューターから切断したり、このプロセス中にiPhoneを使用したりしないでください。文鎮化する可能性があります。

修復完了

注意:ダウングレードする必要があるiOSのバージョンが廃止された署名なしバージョンである場合、次の手順を参照してください。

関連署名なしiOSバージョンにダウングレードする方法

2.iTunesでiPhoneのiOSシステムをダウングレード

①「設定」「iPhoneを探す」機能をオフにします。

  • iOS 13以降またはiPadOS:[設定] > [Apple ID] > [探す]に移動し、[iPhoneを探す]をオフにします。 Apple IDのパスワードを入力し、[オフにする]をタップします。
  • iOS 12以前:[設定] > [iCloud] > [iPhoneを探す]に移動し、[iPhoneを探す]をオフにします。 Apple IDのパスワードを入力し、[オフにする]をタップします。

iPhoneを探す

② 最初にiPhoneに合うIPSWファームウェアをダウンロードする必要があります。

ipswファイルを選択

③ USBケーブルでiPhone/iPadをPCに接続して、iTunesを起動します。Windowsでは「Shift」キー、Macでは「option」キーを押しながら「更新プログラムの確認 」または「iPhoneを復元」をクリックします。ダウンロードしたIPSWファームウェアを選択します。

iPhoneの復元

復元ボタン

④ ダウングレードが終わったら、iPhoneが自動的に再起動されて、iTunesにアクティベート画面が表示されます。Apple IDとパスワードでサインインしてください。

ダウングレードが終わった

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...