author avatar
  プロダクトマネージャー  

概要

YouTubeでは、HD動画をYouTubeにアップロードできますが、結局品質が落ちてしまい、画面ははっきりしないことはよくあります。 この記事では、Youtubeに高画質動画をアップロードするための、動画を最適化する方法、推奨された解像度、サイズ、ファイル形式などを紹介します。


youtube

一、YouTube動画最適化:推奨された解像度、サイズ、ファイル形式など

YouTubeでは、視聴体験がいい動画が多く推奨されるため、アップロードする前になるべく効果のいい動画に仕上がりましょう。

YouTubeにアップロードするときに、次のような推奨された動画要素を参考してください。

ファイル形式:

推奨されたファイル形式はMPEG-2 と MPEG-4 です。

  • ① MPEG-2規格の動画なら、次のコーデックとビットレートを利用したほうが視聴効果が良い。
    • 音声コーデック:MPEG Layer II または Dolby AC-3/li>
    • 音声ビットレート:128kbps以上/li>
  • ② MPEG-4規格の動画なら、次のコーデックとビットレートを利用したほうが視聴効果が良い。
    • 動画コーデック:H.264
    • 音声コーデック:AAC
    • 音声ビットレート:128kbps或更高

動画解像度:

YouTube HD動画をアップロードするとき、解像度に最高のを選択するなら、エンコーディングはうまく進めて再生も綺麗な画面になれます。

  • 有料の動画なら、最低限でも解像度1920×1080で、アスペクト比16:9のを提供する必要があります。
  • 視聴無料の動画なら、アップロード最低限規定はありません。アスペクト比16:9のビデオの場合、推奨された解像度が1280×720。アスペクト比4:3のビデオの場合、推奨された解像度が640×480。
YouTube側で動画を変換して画質を強制的に落としていることにあります。アップロードされたビデオはYouTubeに圧縮されるので、なるべく最高解像度のをアップロードしてください。動画が標準画質でアップロードされている場合、視聴の時にHD設定を選択できません。

YouTubeの要求を満たすかを確認する方法

①  動画ファイルを指定して、右クリックして、メニューから「プロパティ」を選択ます。

ビデオファイルのプロパティ
②  「詳細」にビットレート・フレーム率などの情報が見えます。
ビデオファイルの詳細
低解像度で低画質の動画はよい視聴体験をもたらすことができません。低画質動画をHD動画に変換することはできませんが、動画編集ソフトRenee Video Editor Proを利用して動画を最適化すると、動画鑑賞がより一層楽しくなります。

Youtubeに高画質の動画をアップロードするには?

Youtubeにアップロードする前に、動画の画面が暗くて、内容見えない場合は、再生効果が良くなく、登録者の視聴体験も悪くなります。従って、アップロードする前に、動画を最適なな状態で編集すべきです。ソフトRenee Video Editor Proを利用すると、初心者でも簡単に動画のコントラスト・明るさ・彩度を調整でき、Youtube向けの動画に仕上がります。
動画編集ソフトRenee Video Editor Proは、動画結合、カット、エフェクト、フィルター、ロゴ追加、BGM追加、字幕追加など様々な動画編集機能もあります。画質の損失なしで素晴らしい動画に仕上がります。

ダウンロード

① 特効機能を選択し、特効追加します。コントラスト・明るさ・彩度を調整します。
コントラスト・明るさ・彩度
② 特効「シャープ」を選び、画面をはっきりさせます。
特効「シャープ」

素晴らしい動画に仕上がる

①   カット:開始点と終了点を設定できます。

カット機能
②   回転とクロップ:右に90度回転・左右反転・垂直反転・クロップなどの設定ができます。
回転とクロップ
③   特効:フィルター効果を追加・ズーム効果を追加・ボリュームエフェクトを追加できます。
特効追加
④   透かし:テキストの透かしを追加・画像の透かしを追加・動画の透かしを追加・シェイプの透かしを追加・透かしを除去できます。
透かし追加
⑤   音楽:BGM音楽・音声を追加できます。
BGM追加
⑥   字幕:字幕を追加できます。
字幕追加

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...