author avatar
  サポートマネージャー  

概要

Windows 10のコードネームは新しい命名規則を利用するようだ。将来的には "19H1、19H2、20H1、20H2"のようなより直感的な名前を使用します。


Windows 10は更新以来、使用されているコードネームはいつも非常にシンプルでした。 2015年7月にリリースされた最初のバージョンは「Threshold」と呼ばれ、その後は「RedStone」に変更され、2018春のWindows 10大型アップデート(Spring Creators Update)するコードネームは「RedStone 4」を言われています。
Windows10 RedStone4
しかし、Windows Centralによると、今秋、Windows 10 RedStone 5のリリース後にWindows 10のコードネームが新しい命名規則を利用するようです。今後「19H1、19H2、20H1、20H2」のような名前を使用すると言われています。
実際には、このコードは現在のWindows 10のバージョン番号命名規則と非常に一致しています。現時点では、Version 年 + 月 の命名規則を使用することに慣れています。 例えば、もうすぐリリースするVersion 1803、2018年3月を意味します。XboxのVersion 1804は、2018年4月を意味します。

Rene.E Laboratory のソフトバージョン命名規則もマイクロソフトような大手会社から学び、リリース日付でバージョン番号にします。例えば、最近リリースした録音ソフト Renee Audio Recorder 、バージョン番号は2018.03.28.47。

音声録音において何かご不明な点がございますか?

Loading comments...