author avatar
  プロダクトマネージャー  

概要

数日前、マイクロソフトは、Windows Media Player(次に、WMPを略称します)のユーザーが「Movies & TV(映画 & テレビ)」アプリケーションに移行することを提案しました。 Windows 10に入った後、WMPは Microsoft によってほとんど忘れられました。WMP は Microsoft の目には価値がありませんか?


「Movies & TV(映画 & テレビ)」
今日、多くの音楽愛好者は、WMPを地元の音楽プレーヤーや管理ツールとして依然として扱っていますが、WMPの運命は変わったようです。
WMPは、1992年にWindows 3.1で登場しました。2000年にMicrosoftはWMPにストリーミングメディア機能を追加しました。2001年にMicrosoft は WMP8 を Windows XPにプリインストールしました。
Windows Media Player
これは重要なノードです。 これに先立って、WMPはWindowsシステムにプレーヤーとして組み込まれており、独自のパフォーマンスと経験があり、ユーザーに広く認められています。 当時マイクロソフトは、マルチメディア規格の策定やアップルとの対立を目指して、WMAやWMVなどの特殊なオーディオおよびビデオフォーマットも発表しました。

インターネットの急速な発展に伴い、より多くの海賊版オーディオとビデオが出現し、続いて関連する規格が登場し、これらの規格を所有する企業は対応する特許を有しています。 大きな企業として、マイクロソフトはおそらく特許侵害をすることはできません。 したがって、WMPはより少ないフォーマットをサポートし、ユーザーは失っています。

Windows 7がリリースされたとき、WMPのバージョンは12に更新され、大きな更新は行われませんでした。最新のWindows 10システムでも、WMPバージョン12が組み込まれています。 Windows 7から、マイクロソフトは本当にWMPを諦め始めたかもしれない。

Windows Media Playerの愛用者にとって、サポートされていないその他の形式(AVI、RMVBなど)をWMA、WMV、およびその他のサポートされている形式に変換するための、使いやすい無料のビデオ形式変換ソフトを選択できます。 これで、オーディオ/ビデオの再生と管理のために、お気に入りのWindows Media Playerを引き続き使用できます。

動画編集において何かご不明な点がございますか?

Loading comments...