author avatar
  サポートマネージャー  

概要

動画を編集する時、あるシーンや特別な部分を強調したい、局部を拡大する必要があります。では、どうやって動画の一部を拡大・ズームしますか。本文は動画拡大ソフトRenee Video Editor Pro、Windows Live Movie Maker、Vidiotを利用して動画を拡大・ズームする方法を3つ紹介します。


動画拡大・ズーム

一、Renee Video Editor Proで動画を拡大する

Renee Video Editor Proは多機能の動画編集ソフトであり、動画の一部と全体の拡大ができて、動画結合、回転、カット、特効、字幕の追加などいろいろな編集もできます。

プロの動画キャプチャ・編集ソフト – Renee Video Editor Pro

File Protector

  • 動画キャプチャー - スクリーン録画、ウェブカメラの録画、デュアルスクリーンの録画ができます。
  • 「カット」機能 - 動画のトリミング、カットが可能です。
  • 「回転とクロップ」機能 - 動画回転・左右反転・垂直反転・動画画面サイズをクロップできます。
  • 「特効」機能 - フィルタ効果・ズーム効果・ボリュームエフェクトなど様々なエフェクトを追加可能。
  • 「透かし」機能 - テキスト・画像・動画・GIFなの透かしを追加・・シロゴを消す機能があります。
  • 「音楽」機能 - 動画にBGMを追加可能。
  • 「字幕」機能 - 字幕を追加可能。
  • 「オープニング/エンディング」機能 - オープニング/エンディングを追加し、素敵な動画に仕上がることが可能。
名のユーザー様に無料体験をしていただきました!

動画の一部を拡大・ズームアップ

① ソフトを開き、「動画編集ボックス」をクリックします。

動画編集機能

② 「ファイルを追加」ボタンをクリックし、動画ファイルを追加します。

ファイル追加

③ アップロード完了後、「特効」機能をクリックし、「ファイルを追加」をクリックします。

ズーム効果を追加する

④ 四角い枠をドラッグしたまま拡大したい範囲を指定します。

拡大範囲を指定します。

どの時間帯で動画を拡大したいか指定します。決めたら右下のチェックをクリックします。

どのクリップに動画を拡大するか指定します。

⑤ 「OK」ボタンをクリックし、特効画面を閉じます。メイン画面出力形式と出力先を指定し、「開始」ボタンをクリックすると、動画が保存されます。

動画を出力開始

画面全体を拡大したい場合、次の方法を参照してください。

動画全体を拡大する

① 動画を追加後、「出力設定」ボタンをクリックします。

出力設定

② 動画形式を変更し、「サイズ」を指定します。完了後、「設定を保存」ボタンをクリックします。

動画全体を拡大する設定

③ メイン画面出力形式と出力先を指定し、「開始」ボタンをクリックすると、動画が保存されます。

動画を出力開始

二、Windows Live Movie Makerで動画一部を拡大・ズームする

Windows Live Movie Makerは無料の動画編集ソフトです。功能が少ないが、インタフェースは簡潔です、動画を簡単に導入し、拡大できます。しかし、このソフトの一番の不足は多くのフォーマットを対応できず、WMVフォーマットしかアウトプットできません。
Windows Live Movie Makerで動画の一部を拡大する

三、Vidiotで動画一部を拡大・ズームする

Vidiotも無料の動画編集ソフトであり、簡単な動画編集機能があります。このソフトを利用して動画の一部を拡大できます。例えば右上、左上、真ん中などを指定して拡大できるが、自由に拡大する部分を指定できません。

① 動画を追加、拡大のパタンを選定します。

Vidiotに動画を追加します

② 拡大する部分を選定します。例えば左上、右下等。

Vidiot動画拡大範囲を指定します

次は紹介した各ソフトの功能の比較です。必要に応じて自分の需要に満足できるソフトを利用してください。
Renee Video Editor Pro Windows Live Movie Maker Vidiot
動画の一部を拡大
通用フォーマットに対応××
多言語の対応×
拡大範囲を自由に指定可能××
特効、回転、カット、字幕、音楽などの編集××

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...