author avatar
  サポートマネージャー  

概要

無料簡単に動画に字幕(テロップ)、文字を入れる方法を2つ紹介します。パソコン用動画編集フリーソフトと、スマホ/タブレット無料動画編集アプリも含み、初心者向きの使いやすいツールでの作業手順です。


自分が撮った動画や動画素材に文字や、字幕、面白いウォーターマーク(透かし)等を入れると、動画がよりわかりやすくなります。

 

動画に字幕(テロップ)、文字を入れるにはどうすればいいですか?今の時代で、動画に文字入れの作業はパソコンで行うのはもちろん、スマホ、iPhone、タブレット等の端末でも簡単無料に動画に文字を入れることは可能になりました。この記事は初心者でも使いやすいツールを利用して、動画に文字を入れる方法を紹介するものです。

動画文字入れ
次に無料簡単に動画に文字入れの方法を2つ紹介します。初心者にもおすすめです。

1.パソコン側の操作篇

ビデオカメラ等で撮った動画を編集するには、パソコンでのほうが操作しやすい。動画をパソコンに取り込み、動画編集ソフトで編集できます。PCのスクリーンが大きく、動画編集ソフトの機能も豊富です。ここで利用するのはRenee Video Editorという動画編集フリーソフト

初心者向きの動画編集フリーソフトRenee Video Editor

Renee Video Editorは動画に文字を追加できる無料動画編集ソフト。このソフトは非商用利用の場合、無料で全部の動画編集機能を利用できます。機能制限がありません。【字幕】、【透かし】2つの機能でも、簡単に動画に文字を入れられます。簡潔な日本語インターフェースで、誰でも直感的に使えます。事前に勉強する必要がありません。数回のクリックだけで、素敵な透かしを追加できます。なお、Renee Video Editorは動画文字入れ以外、動画変換、クロップ、ピクチャインピクチャ効果、分割、特効、結合、動画カット音楽追加、動画回転等基本的な動画編集機能もあります。

Renee Video Editor – 初心者向きな使いやすい動画編集フリーソフト

Renee Video Editor で動画に透かしを追加

  • シンプルで初心者向きな操作性。
  • 無料で利用できる。
  • インターフェースは日本語化されている。
  • 多彩な編集機能、動画文字入れのついでに、他の編集も一気にやってしまう。

無料完全版

対応OS : Windows 10 / 8.1 / 8 / 7 / Vista / XP

Renee Video Editorで動画に文字を入れる

ステップ1:ソフトをダウンロードしてPCにインストールします。

無料完全版をダウンロード!

Windows版ダウンロード

ステップ2:ソフトを立ち上げて、【字幕】機能を選択します。

字幕機能

ステップ3:「ファイルを追加」ボタンをクリックして、動画を導入します。

MP4、AVI、FLV、WMV、MPG、M2TS等、様々な形式動画も対応できます。

動画ファイルを導入
プログラム画面に動画をドラッグ&ドロップして、動画ファイルを追加する操作もできます。

ステップ4:左上側の【字幕を追加】をクリックし、事前に作成した字幕ファイルを選択します。

字幕ファイルを追加
  1. 事前に字幕を作成する必要があります。
  2. 対応可能な字幕形式はSRT(.srt)とASS(.ass)。
  3. 【字幕無し】をクリックすると、字幕を削除できます。

ステップ5:字幕を追加後、スタイル等を設定できます。

【フォント】ボタンをクリックすると、字幕のフォントを設定できます。
フォント、スタイル、文字サイズ、文字飾り、文字色等を設定できます。
字幕線の色を設定できます。
字幕の位置を設定できます。数値で位置調整もしくは字幕をクリックして、ドラッグ&ドロップして位置を調整します。

フォントを設定する
  1. 動画を再生したことがあった場合、先に停止ボタンボタンをクリックし、またフォントを編集します。
  2. デフォルトフォントを利用する場合、このステップをスキップしてください。デフォルト設定を戻す場合、左下の デフォルト設定ボタンボタンをクリックしてください。

ステップ6:出力形式、保存場所、その他の設定をします。

のボタンをクリックして、出力形式を設定します。

のボタンをクリックして、保存場所を指定します。

のボタンをクリックしてその他の設定をします。

フォーマット、保存場所、その他の設定

デフォルトフォントを利用する場合、このステップをスキップしてください。

ステップ7:開始ボタンをクリックし、動画を出力します。

動画出力

動く文字、可愛い文字等特別効果の文字を入れたい場合、事前に画像形式の文字を作成し、透かし機能で、画像形式の透かしを動画に入れる方法を利用してください。

目次に戻る

2.スマートフォン/タブレット等端末の操作篇

アンドロイドスマートフォンやiPhone、iPad、タブレットなどの端末で撮った映像をビデオカメラ等で撮った動画は、そのまま端末で編集できるなら、一番便利です。そこで、AndroidiOS両方も対応可能な無料動画編集アプリVideoShowを利用します。

アンドロイド/iOS両方でも同様に対応できるVideoShow

VideoShowは日本語化されていて、操作性もとても良い。初心者にもおすすめです。動画編集のための機能はほとんど揃えてとても便利です。動画文字入れ以外、動画のトリミング、BGMの挿入、再生速度の調整、SNSとの連携等の機能もあります。

無料版とプロ版もあります。プロ版のほうが機能が豊富です。
アンドロイドバージョン
iOSバージョン

VideoShowで動画に文字を入れる

  1. 動画を選択します。
  2. 【字幕】をタップし、入れたい文字を入力します。
    文字の色、サイズ、位置、表示時間の長さ等も設定できます。
    ただし、同じ時刻に複数の文字を入れることができません。
VideoShowで動画に文字を入れる
目次に戻る

まとめ

動画に文字を入れるためのパソコン側用の方法とスマホ/タブレット側用の無料簡単な方法をまとめました。

シンプルで初心者向きな操作性は一番の特徴です。

VideoShow無料版は機能制限がありますが、Renee Video Editor無料版は全機能利用できます、制限等がありません。

VideoShowの編集機能で実現できない場合、スマホからパソコンに動画を取り込み、Renee Video Editorで編集してください。

 

早速動画に特別な文字(字幕)を入れて、素敵な動画に仕上がりましょう!

Windows版ダウンロード
目次に戻る

動画編集において何かご不明な点がございましたら、

サポートセンターまでお問い合わせください。>>

Loading comments...